潮干狩り 意外と知らない?上手に貝を持ち帰りする方法!

潮干狩り
潮干狩り

天気の良い休日は、広い所で家族と楽しく過ごしたい!

自然を感じながら、晩御飯の食材もゲットできる、
潮干狩りは家族全員大満足の潮楽しいレジャーです★

でも、せっかく採った貝を間違った方法で持ち帰っては、
残念な結果になってしまいます。

「せっかく採ったのに…なんかおいしくない…」しょんぼり。
…となってしまわないように、上手な持ち帰り方のポイントを
おさえましょう。

クーラーボックスは必須!
そして海水は入れちゃダメ。

注意女性

海水を入れた方が、貝が新鮮に保てる…と、
なんとなく思てってしまいますよね。
なんか海水の方が貝が喜びそうだし…とか。考えちゃいますが…

ソレ、大間違いです!
海水を入れたままだと、貝が弱ってしまったり、雑菌がわく原因になります。

まず、採った貝は必ず真水で洗いましょう!

貝が元々持っている雑菌を洗い流す事は大事なポイントです。
また、貝は真水が苦手なので、入口を閉じることで、新鮮さが保たれます!

クーラーボックスの底面に上げ底をつくる

網など、通気性の良いものを底面に敷きます。
貝が入っている網袋を、クッションにするのもおススメです。
底面に貝が直接つくのを防ぎましょう。

貝の上に新聞紙を優しくかける

暗くすることで、貝が安心します。
「貝さん、しばらくおやすみ〜」

新聞紙の上に、保冷剤を置く

貝に直接保冷剤をのせると、保冷効果にムラがでますので、
新聞紙の上に保冷剤を置きましょう

裏ワザ!海水はペットボトルに入れて持ち帰る

自宅に帰ってからの砂抜き用に、ペットボトルに海水を入れて持って帰る、
という方もいらっしゃるみたいです。
貝入れて、ヒタヒタになるくらいの量が目安です。

楽しくて、採りすぎちゃった…どうやって保存すればいい?

貝の保存方法って、ぱっと思いつかないですよね。
傷みやすいし、できればその日のうちに食べてしまいたいですが、
どうしても余った時の対処方法をご紹介します。

きちんと砂抜きをして、新聞紙にくるむ

こうすると、3日間くらいはもつみたいです。

で、でも実は…砂抜きってホントはどうしたらいいか分からない…
という方に。上手な方法はこちら↓

茹でて、身だけにして冷凍保存する

貝が閉じたままで生のまんまで冷凍してしまうと、
解凍した時に、上手く口が開かない場合もあるみたいです。

ちょっとめんどくさいですが、
おいしく食べるにはこっちの方がいいですね。
解凍したものは、必ず火を通してから食しましょう!

お裾分けしよう

きちんと砂抜きした状態で、ご近所さんにお裾分け、というのも、
きっと喜ばれますね。
「3日以内に食べてね」と一言添えましょう♪

潮干狩りの最適な時期っていつ?

家族で楽しく潮干がりをするには、一番いい時期に行きたいですよね。
海に満ち引きや、風の強さなども、結構大事ですので、ご紹介します。

シーズンは3月〜8月と結構長い

寒い3月でも潮干狩りってできるんですね!
でも、冬の潮干狩りは夜しかできないみたいですし、
何よりも寒くて風邪をひいてしまいますよね…。

チャレンジしたい方は、しっかり準備して挑んでください!

やっぱり5月がいいみたい

連休中に人気のレジャーとしてよくニュースにもなっていますが、
やっぱり、気温や天候を考えると、5月なんですね。

また、日中に潮が引いている時間が一番長い時期でもあるので、
潮干狩りには最適な時期なのですね。

アサリは春が旬です♪

天候や海の状態もベストな上、アサリは春が旬★
産卵を控えて肥えた状態なので、とっても美味しいんですって。

海上保安庁の潮干狩りカレンダーを見てみる

海周りを管理している海上保安庁が、「潮干狩りカレンダー」なるものを
公開しているようです!
こちら↓
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/shiohigari_calender/default.htm
便利そうなので、お住いの地域の潮干狩りのベストシーズンを調べてみるのも、
楽しいかもしれません♪

まとめ

貝は真水で洗いましょう!

しっかり砂抜きをして、おいしくいただきましょう♪

ベストシーズンは5月★

夕飯にアサリやハマグリなどの貝がでてくると、
テンションがあがりますよね!
家族で採った食材ならなおさら美味しく感じられます。

自然のものですし、処理方法は自己責任になてしまいます。
安心しておいしくいただくためにも、持って帰る時から注意して
潮干狩りを楽しんでくださいね♪

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。