運動会のリレーで勝つためのコツや必勝法は?曲は何を選ぶといい?

運動会3

さて、いよいよ運動会のメインイベントの「リレー」が始まります!
リレーはオールスターが出る種目ですから気合が違ってきますよね
勝つための必勝法があるんならそのコツを伝授して欲しいですね。だって今年はアンカーですもの。士気が上がるような曲目は「天国と地獄!」それともHIPHOPなのか見ていきましょう!

「リレー」は花形、そして重要なのが【バトン】

考えてみてください。
100mを4人リレーすると、4人の 100mタイムを足すよりも、早くなるのがリレー競技です。
バトンを渡すのに、助走をつけている状態だからなんですね。

でも、バトンを渡す時に止まっちゃったりしたらリレーで走っても早くなりません。わかってても、これが難しいんです。

ポイント1

バトンを渡す人、バトンを受け取る人の高さを決めることです。
同じ身長で無い場合には特に必要ですよ。

Sponsored Link

リレーとはチームワークが重要!日本代表は…

1人でのかけっこより、リレーのようにみんなで団結してする、リレーは喜びも大きく、
応援にも力がこもります。

1つ例をご紹介しますね。
日本代表のリレーチームは、バトンパスに一工夫しました。
それは、バトンパスをするときに、下のほうで渡していたのです。

受け取る人の腕にバトンがスポッとハマるような渡し方なんですよ。まぁ~これは日本代表のレベルですから特別ですが。

リレーの順番も重要!これで、差がつく!

コースには「直線コース」と「カーブコース」があり、
カーブでは抜きにくく、直線では抜きやすいんです。

だから、早い人には直線を、ちょっと遅い人にはカーブをと順番に工夫するのもgood。

リレーで遅く離されてからだと、折角の早い人もその実力が発揮されないまま終わる事があります。最初に速い人に切り離してもらうのも一案ですね。

でも、先にばかり早い人だということもまた難しいので、5人なら最初に2人最後1人早い人を配置する方法も一案です。

ポイント2

早い人と、そうで無い人の順番も重要な秘密兵器となります。


この記事も合わせて要チェック!!
知ってて良かった!パン食い競走のコツは?ガブッといける方法!


ここで、曲目を見て(聞いて)見ましょう!

運動会4

まずは「幼稚園あ・保育園・低学年向き」
・ギャロップの道化師

「借り物競争・玉ころがしなど向き」
・トランペット吹きの休日

「中学生・高校生向き」
玉ころがしとか借り物競争にいいですね。
・トリッチ・トラッチポルカ


・クシコス・ポスト

「オールマイティーな曲」
くるみ割り人形


ウィリアム・テル序曲

「父兄に人気の曲」
Runner / BAKUFU-SLUMP
https://www.youtube.com/watch?v=zcVpXb3qqEU
負けないで/ZARD

まとめ

みんなで楽しい運動会にしたいですね!
でも、力が入ってしまう「リレー競技」だけは、どうしても勝ちたいと思っているあなたに参考になればいいですね。一番の必勝法は、楽しく仲間と一致団結です。思い出に残る運動会になることを祈っています。

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。