スクは沖縄の美味だけど危険な魚!でも、食べ方さえ知ればOKです!

アイゴの稚魚のことをスクと言います。
沖縄の郷土料理「スクガラス」が有名ですが、ガラスとはいっても琉球ガラスの親戚ではありませんよ。カラスとは塩漬けのことで「スグの塩漬け」の事なんです。

スクは、鋭い骨とトゲをもってて、ヒレには毒もあります。
しびれる痛みは数日続くこともあるそうですから、ご用心くださいね。
沖縄では酢で締めて食べる調理法あります。
今回は、できるだけ安心して美味しく食べられる方法をご紹介します。

スクガラスって知ってますか?

すくがらす

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/awamorisyouten/cabinet/bin/img36651671.jpg?_ex=350×350&s=2&r=1

スクガラスは、沖縄保存食です。一年に三回だけ「スク漁」のため塩で保存されています。

《材料》
スク:500g
塩:200g
保存容器:1つ
①スクを保存容器に入れ上から塩をかけて漬けます。
刺し身でも食べられる新鮮ですから、漬け具合は好みいいですよ。
直ぐ食べられますが、二ヶ月程漬けると旨みが良いと言われています。

Sponsored Link

《調理①》スクガラス島豆腐

スクガラスの塩けと島豆腐の相性がバツグンの料理です。
沖縄では「鉄板おつまみ」で、これを沖縄の名産シークヮーサーと組み合わせれば最高ですよ。

「材料 」(5人分)
スク:50g
塩:適量
シークヮーサ:一皿に半分
島とうがらし:適量
①スクに軽く塩をして、豆腐にのせるだけです。
シークヮーサ、島とうがらしをのせて出来上がり。

スクガラスを使う場合は、そのままでいいですね。

《調理②》スクのから揚げ

スク唐揚げ

《材料》(2人分)
生のスク:30匹
小麦粉:適量
レモン:1切れ
①スクに小麦粉をまぶし高温で揚げます。
②しっかり油を切り、レモンと塩で食べます。
「カリッ、コリッ」としておいしいです。

《調理③》スク魚醤のソーメンチャンプルー

スクそーめん

ソーメンのチャンプルの味付けは、塩とシークヮサーでさっぱり食べます。

《材料》(2人分)
スクガラス:適量
ソーメン:3束
ニラ:1/3袋
味の素:少々
油:適量
シークヮーサー:1~2個

①ソーメンは、固めに茹で水で洗います。油をまぶしほぐしておきます。
②油を引いてフライパンで①を炒めます。スクの魚醤を少しずつ加えます。
③味の素をいれ、ニラをいれて味を調えます。盛つけ時に、スクをのせて下さい。
④シークヮーサーをしぼって食べます。

※ポイント

塩漬けスクは火を通すと塩がより効きますので、後でのせたほうがいいです。

《調理④》すくの刺身

「スク」は 旧暦の6・7・8月の朔日(1日)の大潮にときに沖縄の浜にやってきます。それを生のまま食べるのですが、「棘がのどに引っかかる危険」がありますので、頭から食べないといけません。

尻尾から口に入れたら、ヒレが逆立ちになり、刺さります!
ちなみに「ペンギンも魚か頭から食べます」

まとめ

最後までご覧頂き有難うございます。
沖縄料理は、気候風土と伝統の違いから知らない料理が沢山ありますね。
素朴で味わいある沖縄料理を、もっと楽しみたいですね。

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。