運動会の名物、おもしろ競技のパン食い競争。
やってる方は真剣勝負だけど、
その真剣さが滑稽で、観てる方は面白がれて、
盛り上がりますよね!

もうすぐ運動会で、パン食い競争に出なきゃなんです…。
自分、足が遅いから不安…。
何かコツがあるなら教えて!
という方へ、
上手にガブリと行けるコツをお教えします!


この記事も合わせて要チェック!!
借り物競走のネーミング、おもしろ名前集めました!

運動会のリレーで勝つためのコツや必勝法は?曲は何を選ぶといい?



◆動くな、見つめろ!

競争ですから、出来れば一番でパンがぶらさがっているところまで
行けるのがベストなんだけど、
2番手3番手で到着しちゃった場合のコツです。

前の人の余震でパンはブラブラしてます。
パンと一緒に体も動く…。

周りからみたらだいぶ面白くて盛り上がりますが、
大口開けて、上向いてフラフラしてたら、
やっぱりモタモタしちゃって恥ずかしいですね。

そんなときは…
1、 狙ったパンをみつめる
2、 体は動かさない
3、 パンが自分の方へきたら一気にかぶりつく!

コツは、「体を動かさないで目を動かす事」です。
体が一緒に動くと、狙いを定めにくく、
バランスが取れずにタイミングを逃すからです。

2番到着の場合は、「動かず、見つめる」がコツです。

Sponsored Link

◆焦らず、おちついて、見つめろ

「早く取らなきゃ…!」と焦ると、
せっかく狙ったパンをかぶりつくタイミンを逃してしまいがちです。
ここは、個人差がでるところです。

落ち着いて対象物(パン)の動きを把握できるかどうかは、
動体視力より、メンタルコントロールの比重が高い気がします。

「今だ!」と、自分のタイミングで飛ぶ勇気が、
実は結構大事だったりします。

焦らないのなんて当たり前だけど、
いざという時は慌てちゃうものです。
だから、あえて…「焦らない」事も、コツの1つとしてあげておきます。

◆前じゃない、奥歯でかぶりつけ!

体を動かさないで、狙いをさだめたら、
一気にガブリ!

その時、パンを射止める時のコツは、
前歯ではなく、奥歯で噛みつくイメージで
行ってみてください。

前の方で行ける!と思いきや、
読みが甘くてカスル…という経験、した事ないですか?
それは、前歯で噛もうとするからなんです。

奥歯で噛むを意識すると、
深めにパンを噛めるので、逃さない!

でっかく口あけるのを恥ずかしがっていてはいけませんよ!
でっかい口あけて、一気にパンを射止めてください。

◆袋つきのパンは、袋の端っこを狙え!

アンパン
パンが袋に入っている場合もありますね。
そんな時は、袋の端っこを狙うと、捕まえやすくなります。

丸いパンの場合は、狙うポイントを掴みにくいですが、
袋の場合は四角いので四隅があります。

自分に一番近い四隅の一角にポイントを絞ると、
狙いを定めやすくなります!

◆下じゃない 上からイケ!

最後に。
パン食い競争を制する一番のコツです。

パンは自分より上にぶら下がっているので、
ついつい自分に近い下面を狙いがちですが、
パンを確実につかむ一番のポイントは、
ヒモに近い上側を狙う事!

上を意識することで、噛める面積が増えますし、
「揺れ」の把握もしやすくなります。

また、顔の動きも、
下から噛むより、上から行った方が噛みやすいですよね。

ぶら下げてるヒモも一緒に噛むぐらいの勢いの方が、
確率があがります!

一番手でパンまで到着した場合は、
思いっきり引きちぎって、ぶら下がってる棒をゆらして、
後手の人を困らせる!
というのも、盛り上がるパフォーマンスになるかもしれません!

まとめ

◆じっと見つめて

◆焦らずに

◆奥歯で

◆上の方をねらう!

この4点をマスターすれば、カッコよくパンを引きちぎれるハズ!!
運動会の主役になれちゃうかも?

美味しいパンがぶらさがってるといいですね。
楽しい運動会になりますように♪

972

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

2 件のコメント

  • […] もちろん子供達は知らないんですが、バカボンのパパのデカパンに親子で入ってリレーかけっこします。 これは、前年までの二人三脚で出場の園児がよく転んでしまったので、先生がデカパン競争をということで始まりました。 親子で同じパンツに入っての競技で盛り上がりましたよ。パパが子供の肩を掴んで走り出すんですが、次の人にデカパンを渡すのに、パパは転んじゃうんですよね。 気持ちが焦っちゃうんでしょうね。 この記事も合わせて要チェック!! 知ってて良かった!パン食い競走のコツは?ガブッといける方法! […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。