モーラステープは市販されてるの?また効果はあるの?

肩痛い

寝違えて首が痛い、膝が傷む、四十肩…。
普段の生活する中で、体の痛みは気分が優れないし
できれば痛い事は忘れたいですよね。

私はデスクワークで肩こりはお友達のようなもので
仲良くしすぎて存在も忘れております。
肩痛い
もし、痛みが酷いようでしたら、
出来る限り病院での治療をお勧めしますが、
「忙しくて病院に行けなかった…」という方には、
市販薬は強い味方です!

よく効く湿布薬にで、モーラステープという商品があります。
これと同じ効き目の商品はドラッグストアで買えるのか?
使う時の注意点は?など、
簡単ですが、まとめてみました。

そもそもモーラステープって何?知っておきたい副作用

モーラステープは、関節の痛みや炎症によく効く、
という事で有名みたいですね。
この商品、残念ながら、病院でしか買えません。

そして間違った使い方をすると副作用がすごいらしいので、
使う前に注意して下さい!

このモーラステープは、よく効くけど、
よく効く「ケトプロフェン」という成分が、
「光線過敏症」といって、光に当たった部分がかぶれる、
という副作用があるんです。

調べていて色んな画像をみたのですが…。
ホントに痛そうでした。

関節の痛みを取りたかったのに、
皮膚がブクブクに腫れちゃうなんて、悲しすぎます。

アレルギー体質の方、喘息持ちの方や妊婦さんは、
特に要注意みたいなので、もし、処方されたら、
お医者さんに自分の体質を説明して相談しましょうね!

で、市販でよく効く湿布薬ってどれ?

看護師

モーラステープと並んで人気があるのが、ロキソニンテープ。
痛みどめの錠剤はドラッグストアでも買えますが、
湿布薬はまだ認可がおりず、まだ市販では買えないみたいです。

で、モーラステープと同じ成分で、ジェネリックで出ている
湿布薬がでているのを発見しました。
商品名は「オムニードケトプロフェンハップ」。

ただ、コレ、さっきも説明した「ケトプロフェン」が
主成分です!
商品名にもがっつりケトプロフェンて入ってますしね。

と、いう事は…
副作用の「光線過敏症」になってしまうんですね!!

痛みと戦う人は藁にも縋る思いでお探しでしょうが、
ご使用の際は、必ずサポーターなどで日光を遮って
使用してください!

使い終わっても、4週間くらいは、
直接日光に当たらないように注意が必要なので、
ホントにくれぐれもご注意を!!

他にも色々種類があるけど効果は?

ケトプロフェンが良く効くのは分かったけど、
他にはどんなものがあるのでしょうか。

肩こりはボルタレンが効く、という人もいれば、
インドメタシン配合の物が効く…という人もいます。

結局、どれが一番!と言い切る事ができません。
自分に合うものを探すのは大変ですが、
それぞれの症状や体質にもよりますもんね…。

ただ、色々あってどれがいいのか迷った場合は、
鎮痛成分の含有濃度に注目するといいみたいですよ!

濃度が高いとその分お値段もはるみたいですが、
症状とお財布具合に合わせて選んでくださいませ。

実は…思い込みが一番効いちゃう??

各社の湿布薬の効き目を比較した人がいるみたいなんですが、
結局、一番効いたのが「プラセボ効果」なんですって!

プラセボ効果というのは、
『嘘の効能のお薬を飲んだのに、
「よく効く」と説明を受けたら、ホントに効いちゃった!』
…という事らしいのですが、要は「思い込み」です。

「痛いなあ、辛いなあ…」と思い始めたら、
どんどん悲しい気分になりますもんね。
悲しい時はヤル気も出ないし、なんか楽しくない。

でも、「思い込み」で少し楽になれるんだったら、
これほどいいものはないです!

私の肩こりも、もう気にならないくらい
慣れてしまったし、あんまり意識しないでいるので、
そんなに辛くないのかなあと思いました。

冷たいのとあったかいの、どっちがいいの?

腰痛い2

湿布薬にはスースーする冷却タイプと、
ポカポカする温感タイプがあります。

冷たいタイプは、うちみやねんざで、
熱をもっている、緊急の場合に使う事が多いようです。

あったかいタイプは、肩こりなどの慢性的な痛みに
使われるようです。血行を良くするためなんですね。。

どっちを使ったらいいか分からない時は、
痛みがある部分を冷やすと気持いいと感じる場合は冷感タイプ、
お風呂で温めた方が気持ちいい場合は、
温感タイプを使うといいみたいですよ!

まとめ

◆モーラステープの副作用は「日光過敏症」

◆ジェネリックもあるけど、同じく副作用があるから
使用はご注意を!

◆どれがいいか迷ったら、成分濃度を見て選ぶ。

◆病は気から。思い込みで痛みを和らげる事ができる!

◆症状によって、冷たいと暖かいを使い分けよう。

私は皮膚が弱いので、湿布薬は何を貼っても
かぶれてしまう体質で、
あまりちゃんと見たことがなかったのですが、
湿布にも色々あるんですね。

本当に痛い、ずっと違和感がある、という方は、
根本的な問題があるかもしれないので、
自分で判断せずに、病院で診察をしてくださいね!

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。