ホワイトデー 知らなかった!! お返しにクッキーを贈る意味

ハート

バレンタインにチョコもらうのは超嬉しいけど、
お返しするのって、何が良いんだか分かんなくて、
困っちゃうんだよなあ~…

毎年、ホワイトデー前になると、ため息まじりにボヤイてしまう方、
結構多いんじゃないでしょうか。

女の人は結構細かいことも気にしちゃう生き物です。
かわいいけど、ぶっちゃけ面倒!!

しかしですね、その面倒を放置してしまうと、後が怖いデスよ…(小声)
意図しないところで怒りをかってしまわないためにも、
ホワイトデーのお返しにまつわるアレコレを、ざっとおさらいしましょう!

クッキー・キャンディー・マシュマロ…
込められた意味

キャンディ

誰が言ったか知らないが…
クッキー・キャンディー・マシュマロのこの3つのお菓子には、
ホワイトデーのお返しの時は、ある意味を含んでしまうそうです。
お菓子なら何でも良いかな…とお思いの方は要注意ですよ!

・キャンディー:長い時間甘さを楽しめる、という理由から、
あなたの事が好きです

・マシュマロ:口の中で一瞬でなくなってしまうので、
あなたの事が嫌いです

・クッキー:サクッとドライな口当たりなので、
お友達でいましょう

いつ頃言われるようになった事だかは分からないのですが、
この三つは女性の中では結構有名な話です。

何にしたら良いか迷った場合は、クッキーにしておくのが
リスクも少ないし、ベターな選択かもしれないですね。

もちろん、相手が本命さんや最愛の人だったら、
勇気を出してキャンディーをプレゼントしてほしいです!

ドライな関係…でも、気配りは忘れないで!

ハート2

無難なお返しはクッキー!
…と分かったところで、モヤモヤが少し解消されたのではないでしょうか。

でも、コンビ二やスーパーでも安く手に入るこのご時勢。
次の難問がふりかかります。
「一体、どこのクッキーにすればいいのか分からん!!」

はい。
それは私にもわかりません。

クッキーに限らず、プレゼント全般に言える事ですが、
女性代表としてお答えできる事を言わせていただきますと…。

『品物そのものも、嬉しいけど、
どの商品にしようか悩んでいる「その時間」こそが、
最高のプレゼントだし、嬉しいこと

です。

「それって、どうやって分かるの?」と、お思いですよね?
オンナゴコロを、連想ゲーム方式で説明します。

自分の事を考えてくれている → 私は、彼にとって特別 →「特別」!
→ 手に入りにくい → 限定品! →彼は私の事を考えてくれてる

…となるわけです。
(かなりザックリです。女性の方ごめんなさい)

友人関係でも恋人でも家族でも、どの女性にもこの心理は働いています。
どこかで、「あなたは特別だよ」って、言ってもらいたいんです。

だから、一番手っ取り早い方法は「限定品」をチョイスすることです!
できれば、その人の趣味や好きなものをリサーチして、
何か関係のあるものにすると、センス抜群!と思われるハズです。

シーズンになると、ネットでも商品がたくさん紹介されますので、
「限定」というキーワードで探されるといいかもしれません。

相手との距離によって
チョイスを変えてみましょう

母、妻、娘、会社の子、取引先の子…
いろんな距離の関係の女性がいますね。

クッキーが無難なアイテムだからといって、
みんなに同じものをプレゼントするのは、どうか避けて下さい。

例えば、
自分の奥さんが、バレンタインに自分と同じ値段の同じものを
取引先の誰かにプレゼントしていたら…
ちょっと嫉妬しちゃいますよね。

女性だって同じです!
の「特別でいたい」心理ですと、
近い立場の人ほど、「特別なこと」を期待してしまうんです。
ですので、せめて値段だけでも変えて選んでください。
立場の近い順に、値段を上げていくのが無難だと思いますし、
もらう側からしても納得してもらえるはずです!

それプラス、先程の「オンナゴコロ」を満たす為に、
その人にまつわる事柄(興味・関心ごと)の、
「限定品」であれば、かなり最高です!!

取引先の女子には、老舗のお菓子屋さんのものを詰め合わせて
「みんなで分けてね!」と渡すと高感度UPです★

まとめ

・色んな意味でベストなお返しはクッキー
・親しいからこそ、気配りを!限定品で高感度UP!
・関係が近い順に値段も上げていきましょう!

義理でも本命でも、友情の証でも…
お互いを思いあうイベントって、やっぱり素敵だと思います。

バレンタインにもらって嬉しかった気持ちを大切に、
ホワイトデーにはとびきりのお返しをしてくださいね!

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。