赤ちゃんの睡眠時間が短い時の対策方法とは?

赤ちゃんの睡眠時間が短い時って、これで大丈夫なのかなって不安になりますよね?

そんなあなたの悩みを解決するために赤ちゃんの平均睡眠時間についてや、
ぐっすり眠れるようにする方法などたくさん紹介させていただきます。

赤ちゃんの平均睡眠時間は?

-shared-img-thumb-YOU2_DSC_0938_TP_V
赤ちゃんって、そもそもどれぐらい寝るの?
と疑問に思いました。

そこで全国の平均値というものを確認してみましょう。

新生児:夜間8時間.日中8時間 合計16時間

3ヶ月:夜間10時間.日中4.5時間 合計14.5時間

6ヶ月:夜間10.5時間.日中2.5時間 合計13時間

12ヶ月:夜間11時間.日中1.5時間 合計12.5時間

と、このように、新生児から12ヶ月にかけて
合計の平均睡眠時間も徐々に少なくなってきます。

その他特徴として日中の睡眠時間がだんだん減っていき、
夜間の睡眠時間がだんだん遠く長くなってきます。

あくまで参考ではありますけどもこちらの平均値をご参考にしていただいて、
ご自分のお子様と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

ただし睡眠にはかなり個人差と言うものがあります。
例えば新生児ですと、1日平均16から17時間ですが、あまりよく眠らない子だと4時間ぐらい少ない子もいます。

ですのでそこまで神経質になったりしないで例えば、お昼寝を一切しないであるとか、
そういった時には一度お医者さんに診てもらうのが良いかと思います。

それでは、続いてお子様の眠りを欲する方法についても確認してきましょう。

Sponsored Link

ぐっすり眠れるようにする方法

赤ちゃんがぐっすり眠れるために必要なことってのは何なのか?

いくつか押さえときたい要素がありますのでご紹介いたします。

メラトニンが重要だ

メラトニンというものは、太陽の光を浴びた後、約13時間ほど後にメラトニンが分泌されるようなホルモンの一種になります。

メラトニンの働きについては、
未だにまだ、解明されていない部分が多い成分ではありますが、
抗酸化作用というものがありまして、そちらに注目が非常に集まっております。

抗酸化作用とは、酸素の持つ毒性から細胞を守る働きの一種になります。

また、メラトニンには、体温や血圧を下げ眠気を誘う働きがございます。

ですので夜お子様の寝付き良くするには目立ったメラトニンの分泌をうながせばいいんです。

日頃の習慣にしてほしいことがあります。
それは朝起きたら外に出て
まず太陽の光をしっかりと浴びさせてあげてほしいんです


そうすることによりちょうど夜になったときにたくさんのメラトニンが分泌されるので効果的ですよ。

赤ちゃんが疲れないように配慮する

大人の場合は疲れることによって、夜すぐに寝付くことができるということは皆さんもご存知かと思います。私も1日何もしなくて体が疲れていないとやはり夜寝付きにくいってことがあります。

ただ赤ちゃんの場合は違うんですね
赤ちゃんとくに幼児などの場合は疲れすぎると逆に興奮をしてしまいます。

そのため寝つきが浅くなり夜中に目を覚ます原因となります。

極度にお子さんが疲れることがないように注意をして..適度にお昼寝もするようにしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんの睡眠時間が短いときでいいのは私も不安に思ったこと思い出しました。

今回のここの情報をもとに平均の睡眠時間を知る事も大事ですし、ぐっすり眠れるようにする方法も今回しっかりと学んでいただけだと思います。

普段の生活の中ですぐに取り入れることばかりですのでぜひ取り入れてていただいてお子様がすくすくと元気に成長することを私も願っています。

下記のツイッターボタンから拡散OK大歓迎です(^O^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。